ブログ

受験生の保護者が押さえるべき「都立受験の基礎知識」②~スケジュール~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前回は、受験生の保護者が押さえるべき「都立受験の基礎知識」①として、都立高校の傾向や募集人員、旧学区などについてご紹介しました。今回は、全日制の学力検査(一般入試)に限定し、都立高校受験の願書提出から合格発表までのスケジュールについて、ご紹介していきます。

◆願書受付は2月上旬!2017年度は2月7日~8日の2日間!


都立高校受験のスタートは、入学願書の提出から。書類の不備はもちろん、願書そのものを「提出し忘れた」とならないよう、準備を整えておきましょう。

◎都立高校の願書提出に必要な書類とは?


都内の中学校を卒業見込みで入学日までに引っ越す予定のない受験生の場合、願書提出に必要な書類は以下になります。
▼入学願書(所定の用紙あり)
▼入学考査料(所定の納付書あり)
▼調査書(様式10)
▼成績一覧表(様式11):在学する中学の校長から志望する都立高校校長宛に直接送付
このほか
▼自己PRカード(様式12):面接面談を実施する都立高校の受験生のみ提出
▼具申書(様式14):応募資格は満たすが、父母のどちらとも同居していない受験生のみ提出
▼自己申告書(様式13):欠席や遅刻などで特別な事情があり、その内容を説明したい受験生のみ提出
など、当てはまるものはもれなく添付するようにしましょう。

◎直接提出以外に郵送での提出もOK?


入学願書は原則として郵送での提出は不可となっており、自分で志望する都立高校へ提出に行く必要があります。中学校によっては、志望高校ごとに受験生がまとまって提出に行くことも。まずは中学校の担任の先生に確認してみましょう。

◆合格ボーダーラインの受験生は、願書提出後の倍率は要チェック!


内申点や模擬テストの結果が「合否ギリギリのライン」にいる受験生にとっては、どの程度ライバルがいるのかは入手しておきたい情報です。

◎チャレンジで受験する場合、倍率によっては変更した方がいいことも


東京都教育委員会が取りまとめる「都立高校全日制等志望予定(第一志望)調査結果」が1月6日に公開されました。これは都内の公立中学校と義務教育学校併せて614校に対し、都立高校への進学志望状況を調査しているもので、進路指導用の資料として毎年1月初旬に出されています。志望する都立高校への合格が安全圏である受験生はさほど気にする必要はありませんが、合格のボーダーラインにいる受験生や、チャレンジ受験をする生徒は願書提出前に確認しておいた方が良いでしょう。

◎願書提出後に再度チェックしたい、志望高校の倍率


願書提出締め切り後は、「都立高等学校入学者選抜応募状況」が公開されます。これは、願書受付の2日間で、各都立高校に願書が出された総数や定員に対する倍率が示されるものです。しかし、受験生によっては、倍率の高さに驚いて委縮してしまったり、安心してしまい受験勉強のラストスパートに集中できなくなったりしてしまうこともありますので、ご自身のお子さんの性格を踏まえてご判断ください。

◎志望校の変更手続きはどうすればいいの?


志望校を変更する場合は、願書提出を取下げて別の都立高校に再度願書を出し直すことも可能です。取下げと再提出はそれぞれ1日限定となっていますので、希望する場合は忘れずに対応するようにしましょう。2017年度の日程は以下になります。
▼願書取下げ:2月14日(火)
▼願書再提出:2月15日(水)

昨年度の実績では、以下の高校に大きく変更がありました。
     ・白鴎高校:男子/ 1.00→1.23(0.23pt↑)、女子/ 0.87→1.06(0.19pt↑)
     ・両国高校:男子/ 1.00→1.39(0.39pt↑)、女子/ 1.10→1.29(0.19pt↑)
     ・目黒高校:男子/ 2.13→1.92(0.21pt↓)、女子/ 2.78→2.49(0.29pt↓)
     ・調布南高校:男子/ 1.82→1.62(0.20pt↓)、女子/ 2.14→1.90(0.24pt↓)
上記は、男女ともに大きく変化があった高校をピックアップしていますが、「男子だけかなり倍率が上がった(+0.42pt)」、「女子だけ大きく下がった(-0.34pt)」などもありました。取下げ・再提出後の倍率変更の情報は、実施年度によって変わりますので参考程度ですが、それだけ志望校を見直す生徒がいる、ということだけは知っておいた方が良いかもしれません。

◆入試実施は2月下旬 2017年度は2月24日が入試日!


受験生にとって、勝負の日となるのが入試日(学力検査日)です。

◎今年は「決戦は金曜日!」 体調を万全にして入試に挑みたい


2017年度の都立高校の入試日は2月24日(金)。泣いても笑っても、この日の試験結果で決まります。「受験生の保護者が押さえるべき「都立受験の基礎知識」①~都立高校~」でもご紹介したように、私立高校とは異なり、都立高校には近しい成績の受験生が集まります。そのため、本来の実力がしっかりと出せる状況でなければ、安全圏だと思っていても不合格となることも!特にこの時期は、インフルエンザやノロウィルスなどの感染症が流行りやすい時期でもあります。入試日が近くなったら、病気に打ち勝つ「免疫力」を上げるためにも、3食きちんと食事をとり、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

◎気になる合格発表は3月2日!入学手続きもこの日に可能


2017年度の都立高校入試の合格発表は、3月2日(木)です。インターネットなどで確認することはできませんので、実際に受験した高校に行って、合格者掲示を確認し、自分の番号があるかの確認を行います。晴れて合格していれば、入学に関する「書類一式」を受け取ります。入学手続きは、合格当日の3月2日及び3日の2日間内に、入学誓約書に必要事項を記入捺印して提出します。なお、入学料(授業料とは異なる)は、合格発表の翌日から5日以内に所定の納付書を用いて振り込みます。その他の書類については、提出期限が定められていますので、早めにチェックしておきましょう。制服の採寸を行う場合は、学校側から指示されますのでその指示に従ってください。

保護者ができる受験生へのサポートの1つは「高校受験の傾向と対策を正確に知る」こと。高校受験対策に特化した学習塾だからこそ、お伝えできることがあります。「こんなことを聞いてもいいのかな」と躊躇わず、ぜひフレンズアップにご相談ください。

~驚異の伸び率と合格率~
都立受験 過去11年 合格率87%!
平成28年・26年・24年・22年・21年 合格率100%!

学習塾 フレンズアップ
〒144-0046 
東京都大田区東六郷2-6-9
電話:03-5713-1184
メールアドレス:friendsup@ark.ocn.ne.jp

若者が選ぶ日本の魅力的な中小企業に選ばれました!


都立 小山台高校・三田高校・目黒高校・田園調布高校・雪谷高校
私立 中央大付属横浜高校 法政大学第二高校 日本大学鶴ヶ丘高校

を目指すなら、高校受験専門塾 フレンズアップ にお任せください!

小5~中3まで
2週間の無料体験授業 お待ちしております!

電話:03-5713-1184

カテゴリ

タグ

無料体験授業受付中

随時『2週間の無料体験授業』を受け付けています。
「授業の進め方・雰囲気は合うか」など、じっくりとご判断ください。

日本の社長/弊社代表のインタビューはこちら 若者が選ぶ日本の魅力的な中小企業に選ばれました!
全国トップレベルの授業内容YOUTUBEにてCM公開中
高校受験の知恵袋